• 日本 総事務局

シンガポールの動物福祉〜動物園が目指しているもの〜

シンガポール動物園を始めとするMANDAI系列の4つの動物園の運営や管理に関する聞き取り調査をおこなってきた。




シンガポールは「グリーンプラン2030」と名付けた、環境に配慮した街づくり計画を進めている。環境に配慮するということは、CO2削減やゴミ処理の問題といったものの扱いばかりが課題なのではない。生き物の扱いもその配慮の対象となる。

したがって、MANDAIは動物園を運営・管理する上で、動物福祉とサステナビリティー(環境への影響の削減)を第一の判断基準として置いていた。

つまり収益が落ちたとしても、それ等を大事にするということである。

飼育や展示を考える上では、動物にとってどうかを常に考える。

その結果、これらの動物園はアジアのみならず、世界でもトップレベルの質を誇るものとなっている。

2025年には現在の3倍ほどに拡張され、さらに素晴らしいものになるだろう。



Mandai Wildlife Group


マンダイ・ワイルドライフ・グループは、シンガポール動物園、ナイトサファリ、リバー・ワンダーズ、そしてバードパークの運営管理をしている企業です。

また、現在の動物園、ナイトサファリ、リバー・ワンダーズのある敷地はマンダイ・ワイルドライフ・リザーブと呼ばれており、この敷地内におけるすべての環境及び生物の保全に取り組んでいます。

それだけではなく、一般の生き物の多様性や野生動物の研究にも取り組んでおり、シンガポールだけではなく東南アジアの団体とも連携して活動を行っています。

閲覧数:29回0件のコメント