動物たちの幸せを​学術的に科学する

AWIOアニマルウェルフェア国際協会

1. ペット・コンパニオン動物

慈しんだり、憩いをもらったりする対象

2. 産業動物

食物やその他の資源として利用する対象

3. 実験動物

多くは”生きた試薬”として扱われる対象

4. 動物園動物

日常では目にすることができない様々な動物を目にすることで、楽しむことに加え、生き物やそれが生息する環境への眼差しを学ぶ対象

5. 野生動物

野生動物は、人とは関わりを持たない動物と捉えることがあるが、人から一切かけ離れて存在する生き物も自然も原則最早存在しない

その意味で、野生動物もまた人と関わりを持つ対象と捉えられる

人間社会において、動物は5つのカテゴリーに

大別することができます。

本協会では、特定のカテゴリーに注目することなく、
いずれの動物に対しても考えていくコースを作ることを考えています。
これからの動物と人の関係を考え、構築するために、
多くの人にご参加いただけることを期待いたします。

Animal welfare?

アニマルウェルフェア(動物福祉)とは

近年ますます注目されるようになってきたアニマルウェルフェア(動物福祉)。

アニマルウェルフェアとは別に、日本では「動物愛護」と称される考え方があり、西欧においては「動物の権利/動物の解放」ともいわれる考え方があります。いずれもその大本には、動物を大切にし、人といかに動物が共に良く暮らしていきたいという願いがあります。 そうした動物を大切にしたいという願いは、「どのような考えで、どのように進められているのか」を俯瞰的に眺め、動物との関係を体系的に捉えた上でなされることによって、一層効果的に進めることができ、また有用なものとなります。

本協会は、アニマルウェルフェア以外の考えを単純に否定的に捉えることなく、動物を考える上で基盤となる理論についてエビデンスをもとに習得することを目指します。また、そうした知識にもとづき、情緒的な対応とは異なる、より良い動物との関係の構築法をさまざまな観点から実践的に学んでいくことができます。

The concept of animal welfare has received increasing attention in recent years. In Japan, there is a unique idea related with "animal protection", that tends to be motivated strongly by emotion. In the West, there is also the concept of "animal rights/animal liberation".
The main idea behind these thoughts is the wishes for the animals to be respected and to live happily together with people.
The purpose of this organization is not to protect animals or to evaluate the practice of protecting or caring for animals from a particular perspective. Such practical activities may be necessary, but it will be more effective and useful if we take a bird's eye view of how we think and treat animals and understand our relationship with animals systematically. 
Therefore, this organization aims to learn theories based on evidence that will be the basis for thinking about animals, and to learn practical methods of constructing better relationships with animals from a variety of perspectives based on these theories.

5つのカテゴリー

Based on their specific relationship with humans, animals can be broadly divided into five categories. The first is the pet/companion animals. They are objects of compassion and relief. The second is industrial animals. They are used for food and other resources. The third category is laboratory animals. Most of them are treated as "live reagents". The fourth category is zoo animals. In addition to the enjoyment of seeing various animals that you cannot see in your daily life, the animals are the objectives for learning how to look at living things and the environment they live in. The fourth category is zoo animals. In addition to the enjoyment of seeing a variety of animals that cannot be seen in daily life, visitors can also learn about animals and It is an object of study to learn to look at the environment it inhabits. Finally, there are wild animals. Wild animals are often thought of as animals that have no relationship to humans. However, in reality, there is no creature or nature that exists apart from humans. In hence, wild animals can also be related to humans.
This organization will consider any of the animals without focusing on any category. We also aim to reexamine the relationship between animals and humans and learn how to develop a better relationship.

レッドイビス
96388473_582600435795851_283337645185879
101569232_274665823912307_59191611910363

1: Webinar: Animal Happiness Theory
Each session is based on a different topic and considers the well-being of animals. The seminar consists of three parts: a lecture, a discussion between speakers and session coordinators, and Answers to audience questions. Participants will not only listen, but also participate in the discussions to gain a deeper understanding. The videos videos of the seminars are archived and can be viewed again later for deeper learning.

1. ウェビナー:動物の幸福論
回ごとに異なるトピックを用意し、動物の幸福について考えます。セミナーは、レクチャー、話題提供者とコーディネーターの懇談、視聴者からの質問への回答の3部で構成。参加者は聞くだけではなく、一緒に議論に参加することで、より深い理解を得ることを目指します。またセミナーの映像はアーカイブ化され、後から再度見直すことができます。セミナー受講後もご自身のペースで学びを深めることができます。

協会から提供される3つの活動

Three activities provided by the AWIO

2. データベース

アニマルウェルフェアに関わるさまざまな領域の文献資料や映像資料のデータベースを構築します。日本人にとっては、言語の違いは大きな壁。その壁をなくすべく、外国の資料にはすべて和文による解説を用意します。を、言語の壁をなくすことで国内だけでなく海外の最新の知見に触れることができるようになるのです。また、日々動物との関わりのなかで生じるさまざまな疑問や、障害の解決を問うQ&Aページを作成し、さらには、これらをデータベース化した動物福祉事典を作成します。

2: Database

To build a database of literature and video materials in various areas related to animal welfare. For many Japanese people, language is a major barrier to understanding information from abroad. We have included explanations in Japanese to break down the language barrier and make it possible for people to come into contact with the latest knowledge from overseas. In addition, a QA page has been created to answer various questions and resolve obstacles that arise during daily interaction with animals.  We will compile a database of these information and create a "dictionary of animal welfare.
In addition, a QA page has been created to answer various questions and resolve obstacles that arise during daily interaction with animals.  We will compiled these into a database and create an "Encyclopedia of Animal Welfare Practices".

3. 資格認定制度

協会独自の、アニマルウェルフェア資格制度を設けます。資格は、初級者、アドバイザー、コンサルタントの3段階。資格認定の条件として、集中セミナーを受講することが求められます。日本においては、まだアニマルウェルフェアの考えが一般的なものとなっていません。その一方で、動物に関わる人や企業が、アニマルウェルフェアに関心を向けるようになってきています。そうした関心を持つ人々が理論と実践力を身につけることで、各々の現場でのアニマルウェルフェアの普及を目指し、アニマルウェルフェアをより身近なものとするための人財育成をおこないます。

3: Licensing system

We establish our own Animal Welfare License System. There are three levels of licenses: Novice, Advisor and Consultant. In order to receive the license, you are required to attend an intensive seminar. In Japan, the concept of animal welfare has not yet become popular. On the other hand, individuals and companies that work with animals have begun to take an interest in animal welfare .The license system is designed to equip people with the theoretical and practical skills to promote the practice of animal welfare in their own setting. This license system fosters human resources to make animal welfare more accessible.

AWIOアニマルウェルフェア国際協会 N資格

N資格 

アニマルウェルフェア・ノービス

現代社会における動物と人の関係やそこでの課題について学習し、 動物福祉の基本的な考え方の習得をもとに、動物福祉の普及・啓発をおこなえる技能を持つ人を育成します。 ノービスコースでは、動物の利用形態に応じた動物福祉のあり方についての知識を習得することができます。

AWIOアニマルウェルフェア国際協会 A資格

A資格 

アニマルウェルフェア・アドバイザー

動物福祉に関する知識を深く持ち、より実践的な知識や手技の習得をもとに、さまざまな状況において生じる動物福祉に関する課題に対応できる技能を習得するコースです。動物の利用形態や対応する状況に応じた対応ができるといったより高度なスキルを身につけることができます。認定アドバイザーは、個人(少人数)を対象としたノービスコースの講習を開講することが可能となります。

AWIOアニマルウェルフェア国際協会 C資格

C資格 

アニマルウェルフェア・コンサルタント

動物福祉に関する広範な知見を習得し、動物福祉に関連する社会的課題を多角的な視野に立って対応できる人を育成するコースです。動物福祉を基盤とする動物に対する対応策を、さまざまな場面で論理的・実践的に分析して対応策を提案できるスキルが身につきます。認定コンサルタントは、すべてのコースの講習会を開講することが可能です。

個人対象の講習開講資格

すべての講習の開講資格

普及員資格

個人対象の講習開講資格

すべての講習の開講資格

普及員資格

認定講座の日程・詳細はもうしばらくお待ちください

【2021年度開始予定】

お知らせ

2020.07 サイトを公開いたしました。

AWIO アニマルウェルフェア国際協会

〒162-0042  東京都新宿区早稲田町83 SOビルB1F 

TEL03-6233-7746
メールでのお問い合わせはこちら

大変恐れ入りますが、現在メールでのお問い合わせを

推奨させていただいております。

配信購読フォーム

AWIOは、動物たちのQOL向上のために活動する

CACIO コンパニオンコンパニオンアニマルケア

国際機構』のアライアンスメンバーです。

Copyright 2020 Animal welfare International organization . All Rights Reserved.