Animal welfare?

アニマルウェルフェア(動物福祉)とは

アニマルウェルフェアとは別に、日本では「動物愛護」と称される考え方があり、西欧においては「動物の権利/動物の解放」ともいわれる考え方があります。いずれもその大本には、動物を大切にし、人といかに動物が共に良く暮らしていきたいという願いがあります。 そうした動物を大切にしたいという願いは「それぞれの立場がどのような考えで、どのように進められているのか」を俯瞰的に眺め、動物との関係を体系的かつ科学的に捉えた上でなされることによって、一層効果的に進めることができ、また有用なものとなります。
本協会は、アニマルウェルフェア以外の考えを単純に否定的に捉えることなく、動物を考える上で基盤となる理論についてエビデンスをもとに習得することを目指します。



The concept of animal welfare has received increasing attention in recent years. In Japan, there is a unique idea related with "animal protection", that tends to be motivated strongly by emotion. In the West, there is also the concept of "animal rights/animal liberation".
The main idea behind these thoughts is the wishes for the animals to be respected and to live happily together with people.
The purpose of this organization is not to protect animals or to evaluate the practice of protecting or caring for animals from a particular perspective. Such practical activities may be necessary, but it will be more effective and useful if we take a bird's eye view of how we think and treat animals and understand our relationship with animals systematically. 
Therefore, this organization aims to learn theories based on evidence that will be the basis for thinking about animals, and to learn practical methods of constructing better relationships with animals from a variety of perspectives based on these theories.

 
AWIO

1:ペット・コンパニオン動/慈しんだり、憩いをもらったりする対象

2:産業動物/食物やその他の資源として利用する対象

3:実験動物/多くは”生きた試薬”として扱われる対象

4:動物園動物/日常では目にすることができない様々な動物を目にすることで、楽しむことに加え、生き物やそれが生息する環境への眼差しを学ぶ対象

5:野生動物/野生動物は、人とは関わりを持たない動物と捉えることがあるが、人から一切かけ離れて存在する生き物も自然も原則最早存在しない。その意味で、野生動物もまた人と関わりを持つ対象と捉えられる

 

1:ウェビナー/様々なトピックを用意し、動物の幸福について考えます。ウェビナーは、レクチャー、話題提供者とコーディネーターの懇談、視聴者からの質問への回答の3部で構成。参加者は聞くだけではなく、一緒に議論に参加することで、より深い理解を得ることを目指します。

2:データベース/アニマルウェルフェアに関わる様々な領域の文献資料や映像資料のデータベースを構築します。日本人にとっては、言語の違いは大きな壁。その壁をなくすべく、外国の資料にはすべて和文による解説を用意し、これらをデータベース化した動物福祉事典を作成します。

​3:資格認定制度/協会独自の、アニマルウェルフェア資格制度を設けます。資格は、ノービス、アドバイザー、コンサルタントの3段階。資格認定の条件として、セミナーを受講して頂きます。理論と実践力を身につけることで、各現場でのアニマルウェルフェアの普及を目指し、より身近なものとするための人財育成を行います。

AWIO
 

本協会では、特定のカテゴリーに注目することなく、いずれの動物に対しても考えていくコースを作ることを考えています。これからの動物と人の関係を考え、構築するために、多くの人にご参加いただけることを期待いたします。

 

アニマルウェルフェア国際協会では、動物との関わり方の最善策やその実現のための方法を学び、考えます。人の主観だけで考えるのではなく、さまざまな方法のなかから、個体にあった方法を探すスキルを身につけます。

■ 詳細ページへ ■

アニマルウェルフェア・

ノービスコース
​【学習習得資格】

動物たちの幸せを科学を基に考える AWIOアニマルウェルフェア国際協会

アニマルウェルフェア・

アドバイザーコース
​【個人対象の講習開講資格】

動物たちの幸せを科学を基に考える AWIOアニマルウェルフェア国際協会
準備中

アニマルウェルフェア・

コンサルタントコース
​【全ての講習開講資格】

動物たちの幸せを科学を基に考える AWIOアニマルウェルフェア国際協会
準備中
 

最新ニュース

 

AWIO アニマルウェルフェア国際協会 上野吉一会長の「Zoom」ライブ配信シリーズ​第4弾!

特別講義:市民講座プログラム The Future of Animal Welfare Series 

「これからの動物福祉」~動物園での課題~

●開催日時:2021年8月5日(木) 21:00~22:30 Zoomライブ放映

●講師:上野吉一(AWIOアニマルウェルフェア国際協会会長)

●ゲスト:小山奈穂(動物園プランナー)・鈴木哲哉(東山動物園)

●受講料:無料

●定員:300名

●内容:動物への配慮はますます求められるようになってきています。

たとえば、テレビで「動物を遺棄することは、犯罪です」といったCMを目にするようになった。

あるいは、オリンピックではアニマルウェルフェアの承認を受けた食材を用いることが求められました。

しかし、日本で生活するわたし達にとって、アニマルウェルフェア(動物福祉)はまだまだ十分に浸透していないのが現状です。日本に住む多くの人は動物へ配慮することに異論はないでしょう。

でも、アニマルウェルフェアに応えるためには何を考え、何をすべきであるかを言える人は多くはないでしょう。

本ウェビナーシリーズでは、さまざまな場面において、どのようにアニマルウェルフェアに応えるやり方があるのか、そのための問題としてどんなことがあるのかを、実際現場に携わる人との対談で考えていきたいと思います。

なぜ動物福祉が必要なのか‥それは『動物を配慮することは、わたし達自身を配慮すること』につながるからなのです。